Img_67bf5a1047d717cd6ee667153c449446
5月四週目のミレットランチ
雑穀ハンバーグ

高キビと実そばを炊いて
炒めたみじん切りの玉ねぎとマッシュルーム
すりおろしの人参と蓮根
畑のお肉のミンチ
高野豆腐の粉を合わせて
小麦粉でつないで丸めたハンバーグ

味付けは
塩、醤油、トマトケチャップ

「お肉使ってるよね~・・・」と疑念の声に
慌てて否定

蒸したジャガイモと人参は
葉玉ねぎと炒め合わせて
マスタードと和え
温かサラダ風

昨日までは暑かったので
豆乳マヨ和えのポテトサラダ

大根と大根菜の炒め煮

青梗菜と卵風入り豆腐の胡麻和え
こちらも「卵使ってるんですか?」の声に
「お豆腐です~」
「ですよね~」のやりとり

スナップエンドウとカブはレタスとともに
フレッシュサラダとなりました

お味噌汁はカブとさやえんどう
玄米ご飯とゴマ塩
三年番茶
食後の穀物コーヒー
甘酒と豆乳プリン

前もってのご予約をいただき
ありがとうございます。

静かに楽しんでいらっしゃる方も
賑やかな談笑を交えて召し上がっていらっしゃる方も
ゆっくりのんびり
食事を楽しんでいただけたら
うれしいです~


Img_d26c21cf928f8e85ed7580114085b5b6
今月のワンサカマンサカは
23日(火)

メニューは
「高キビミートソースパスタ」

今月のお料理教室の
キーマカレーのアレンジ版

トマトピューレを加えますが
隠し味はやっぱり豆味噌

いい仕事してくれます

サラダは
水菜と
梅酢入りお湯でゆがいた蓮根
ワカメ
スナップエンドウ

パスタは土鍋で茹でずに放置!
時間通りでゆであがっておりました。

今回は
マクロビオティックのお教室事情が話題
通信講座を受講されたり
遠いお教室まで通って資格を取得したり
研鑽を積んでおられて
なんだか素敵だなと思いました

資格がないと
マクロビオティックの生活ができないわけではないので
それぞれのご本人様の必要に応じて
先生や資格を選んだら良いと思います。

マクロビオティックの基本は同じとしても
先生たちによって考え方や進め方が微妙に違いはあります。

いろいろな考え方に出会い
寛容な心でいろいろな考えを見極め
排他的な考えではなく
自分にあった考えを選んでいくことが
大切かと思います。

Img_b97b122da6e7e2063fb8af047b8ac498
5月第三週のミレットランチ
丹さんのお野菜もやっと落ち着きました。

コンスタントにお野菜と出会えるのはうれしいです。

小さな大根は主役を青い葉っぱに譲って
ちょっと苦くて青い味さえ
この季節は味方につけています。

さやえんどうは春の味
さわやかな豆の青い味はまた格別
人参のオレンジのコントラストを楽しんで
さっと白ごまと和えてみました

初々しいカブは
「生で召し上がれ」と訴えています。

浅漬けにしてレタスと和えて
フレッシュ感をアップ
揚げ物の後味をスッキリにしてくれます。

たくさん届いた山芋も今回が最後
蒸してコロコロにカットして
蒸した人参ときゅうりと
豆乳マヨで和えてポテトサラダ風に

さて、メインの車麩のカツは
生姜醤油でゆっくりに含め
小麦粉とパン粉を絡めて
カラッと揚げます。

もちろん玄米ご飯とお味噌汁が付きます
お味噌汁にもさやえんどう

スィーツは甘酒と豆乳の寒天プリン
Img_e553111633b7367d0b524e40b2df1608
ユウスケお弁当の車麩カツ
Img_fe733480558933f49ddb75f6185b3273
お持ち帰り用のミレットランチ
Img_2e51e853dff58235c162ef95462fbec0
Img_8db315ec5e37b058075f294030d764f5
Img_b6b1524789d1b6a887eec4585efcc037
月曜日も前日と同じメニューでの
お料理教室

15穀米とか16穀米とか
これでもかぁ!
の雑穀の詰め合わせが多い

そんな中
玄米と炊き合わせるのは
1種類か2種類にしてね・・・というと
意外な顔をされることが多い

パワーのある者同士をひとつのお鍋で
圧をかけて居合わせることは過酷
お互いにパワーを引き出す状況にしてあげて

白米のようなパワー不足のお米には
雑穀の詰め合わせは向いています

欲張りのような考え方では
食材の良さをひきだすことはできません。

食材の組み合わせを考えることや
食する人が必要とするパワーを考慮に入れます

土鍋で炊く玄米ご飯も同じ

からだや心が疲れているとき
やたら元気な人と対応するのは
元気をもらえる前にやたら疲れるってことはないですか?

そんな時には
パワフルな圧力鍋の玄米ご飯より
穏やかなエネルギーの土鍋ご飯が
元気を回復してくれたりします

5分搗き米や白米にして
少し雑穀のパワーを足して
からだが回復してきたら
玄米ご飯にしていきます。

頭で考えるより
自分のからだが何を欲しがっているのか
聞いてみましょう。

ヒエはポテトのイメージで
キビは卵のイメージ
アワはチーズ
高キビはビーフのミンチ
実そばはポークのミンチ
アマランスはたらこ・・・

だますのではなくあくまでもイメージ

抗腫瘍効果があるとされるハト麦ですが
実際に魚の目がきれいに取れたのを見たと
お話してくださった方もいらして

いろいろ雑穀への期待も膨らみます。



Img_03ea87e258ab4a8e4a7162d873e5ad0e
Img_a540fc0b770386020d271c86a2e779d9
Img_a5f9537488650916f3c12a847cf0afb5
Img_ba63904d9a4a859cf6428d4f7636d83b
Img_41bae5f425ee978d020d0f9078505048
Img_543bb7ef45e3f9199d87c41bd8fdfd88
高キビキーマカレー
Img_f7175b8f9d5f7ea333fc78e2e1dba3e6
ハト麦サラダ
Img_695af92ad7b18750200a9a128a6ab895
穀物コーヒーゼリー
スゲー、全部穀物だ!っと
ユウスケが苦笑しておりましたが
そういえばデザートまで穀物でした

今月のテーマはズバリ「雑穀」
ミレットですよ~

昔、マクロビオティックを実践していた先生たちは
お店に雑穀を買いに行って
「アワ?ヒエ?キビ?そんなのは鳥の餌だ、
ペットショップへ行ってくれ!」と
雑穀求めて鳥屋さんへ行ったと聞いています。

今では結構な高級品ではないですか!

赤いダイヤが小豆なら
黄色いトパーズが雑穀ですかね?

そんなことより
興味深いのは
鬼退治に出かける時に
桃太郎がおばあさんからいただいた
キビ団子
キジや犬やサルを仲間に加えて
大活躍できたのは
やっぱり雑穀パワーではないですか?

雑穀は一粒万倍と言われ
たった一粒から万倍にも実がなることから
「増える」とか「始まり」を意味し
縁起のいい日にもなっています。

この一粒万倍にご縁の広がりを託したのが
ミレットですけどね(^^♪

話は逸れましたが
本日は
どうみてもお肉入ってるでしょ?みたいな
「高キビを使ったキーマカレー」

もっちりした歯ごたえがたまらない
「ハト麦の入ったサラダ」

ビター甘い大人のゼリーは黒豆が潜んで
「穀物コーヒーゼリー」

を作りました。

雑穀が炊きあがると
ふっくらもっちりして
その変貌ぶりに歓声があがります。

早速家でも作りたいと
ミートソースパスタやマーボー豆腐への
アレンジの話に盛り上がりました。

明日も同じメニューです

来月はテンペ入りパエリア   
   あじさい甘酒プリン
   夏のお食事を考えましょう・・
という事で
梅酢入りアップルサイダーもいただきましょう