Img_4891f3c0b9e6d725be2d287d368e996f
ミレットの駐車場の横に
マルベリーの木があります

今、その実が熟して
降ってくるように落ちてきます

引っ越し祝いに
いただいたときは
小さな鉢植えの中に
ひょろんとあったのですが

かれこれ9年
な~んにも手入れなどしていなくても
どんどん大きくなっていくので
大胆に選定をしているのですが

かなり立派な木になってきました

日本名は桑の実ですが

桑と言えば
昔、蚕のエサとして葉っぱが利用されていたと
習った記憶がありますが・・・

実はラズベリーを思わせる
赤や黒紫をしていて
味は甘味と酸味があり
ジャムなどに向いてそうです。

古くから風邪や利尿作用に効くとして
利用されてきたようです。
最近ではダイエット目的や
血糖値を抑える糖尿病予防の健康食材としても
利用されてきているのだそうです。

花言葉を調べると
「彼女のすべてが好き」「ともに死のう」とかで
なんでもギリシャ神話からきているのだそうで
「ロミオとジュリエット」の題材にもなっているのだそうです。
なんだか幼い恋の悲恋話のイメージですが

中国では「聖なる木」として、太陽に関わる世界樹のように
扱われて、男女の恋を唄う詩の題材にもされてきたそうです。

日本では、菅原道真にまつわる雷を避けるため
「桑原 桑原」(クワバラ クワバラ)という
おまじないの言葉として使われたり

桑の木は昔から人々の身近な木として
いろいろな思いを託された植物だと知りました。

今年は例年よりも
実のつきっぷりがいいような気がします。

欲しい方には
「どうぞ摘んでいってください」とお声がけしております。

服や手につくと大変ですのでご注意くださいな・・・

で、その木の足元には
今年も「八重のどくだみ」が群生しております。

こちらは匂いがかなり強いのですが
八重は珍しいので
欲しい方はお持ち帰りいただいても大丈夫です。







Img_83af1fdc4bab8355b68579f0306c7edb

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする