Img_2aa879be8a14249284f25a23c80ba8ee
広げた生地を型抜き
Img_02bab5f199d971b968a3361cd5df72e4
クッキングシートに並べて
Img_fcfe8751b218a6439171893065befb28
ハロウィンのスターが揃いました
Img_c239699d729057ca944ba6a5abe1b7a9
焼き色がついて美味しそう
Img_a7d82962d55129fa2cacf8497f98318e
この型が欲しい~
Img_0c15d29c563cae8126d776b76d52169e
プレゼント用にラッピング❤
いつものお料理教室が終わってから
アキちゃん先生による
スィーツ講座

いつも差し入れしてくださるクッキーが
すこぶる美味しいので
みんなでリクエストしておりました。

ハロウィン用の型を探してくださって
楽しいクッキー作りになりました。

きっちりした仕事ぶりですので
仕上がったクッキーは完璧です!

昔からのアキちゃん先生のスィーツファンも
参加してくださって
初めましてからお久しぶりの方まで
賑やかなクッキングパーティーになりました。

次回の開催もお楽しみですが、
皆さんのリクエストは
ミレットでアキちゃん先生のクッキーが
手に入ったらいいなぁ・・・と

ちゃんとちゃんとお願いしておきますから
お待ちくださいな



Img_302f0ac33eb8c064639b0cc749758646
黒豆ご飯と素麸多
Img_31ca3b2d0b248289635a1fbc0396daa3
白玉お化けのゴマ汁粉
Img_f9f78f7f3794e999d59dac913b20d45b
カボチャのスコーン
Img_21abbc18c03efaf38b9e695472f5497e
今年もいろんな顔が・・・
始めは数字に秘められた意味や
ひらがなの発音に秘められた意味などを
紐解きながら

あの日あの時の数字との出会いには
どんな意味があったのだろう?とか

名前やこの意味を表す発音の響きは
体のどの部分と共鳴して
自分自身になにをもたらしてくれるのだろう?

・・・そんなことを皆さんとお話ししました。

「無双原理とは宇宙原理であり真理である」
その条件は
★世界中の人が納得できる
★万国共通である
★永遠に変わらない

「天国のカギ」とは陰陽の調和を知ることである・・・・

身近なことで例えるなら・・・・
と、お話をしている中で

日本人はなぜあんなにテレビの情報で右往左往するのか?
という話題に・・・

日本人はもともと農耕民族
食料を得る行為は
自然の太陽や雨からの恵みを
授かる、いただく、恵まれる・・・と
全体的な受動的感覚で得るものと感じるDNAが存在する

狩猟民族は自分の力で仕掛けて勝ち取る!
というエネルギーを必要とするので個人的感覚を持つ

この違いが一つの情報に群がる、流れに従う・・・という現象を
生んでいるのではないか・・・?

と参加した方がお話をしてくださったのが興味深い・・

さて、お料理は
黒米と黒豆入りの玄米ご飯
黒豆の甘さがみなさんお気に召したようです

酢麸多または素麸多・・・ようするに酢豚風です
下味をつけた車麩を片栗粉と小麦粉をまぶして油で揚げて
定番の酢豚のお野菜と炒め合わせたものです。
酸味はバルサミコ酢を使って甘くさわやかに仕上げました。
もちろん、素麸多はお醤油の味付けだけで美味しい

あとは、お楽しみのハロウィンスィーツ

白玉粉で作ったお化けと
カボチャ入りの白玉粉で作ったジャコランタン
黒練りごまで作ったお汁粉にのせて気分は盛り上がります。

今年も作りました。
カボチャのスコーン

薄力粉とピーナツペーストとメープルシロップを丸めて
竹串で顔を仕上げてオーブンで焼きます。

気分はハロウィン~~~


Img_36721752a6834d447974675e6ceb9af6
Img_e4e6061790e77de3c11c31923a908e59
Img_3150dc19afdb3fc859100c7e3c902492
Img_06cdc679f79d38eb85b21b6bed02e360
9月11日月曜日は
お料理教室でした。

サツマイモや蓮根、かぼちゃが
出回り始めて
季節が巡っているのを感じます。

秋らしいと言っても
この日は暑くて
午前中の涼しいうちに
にオーブンを使ってしまおうと
まずは
クッキーを作ることにしました。

ジェルクッキーは
アーモンドプードルとオートミールを使った
ざっくりしたクッキー生地の真ん中を押して焼き上げ
その中にお好みのジャムを乗せるという簡単クッキーです。

いかにも、しっとり系のクッキーが好きな私っぽいクッキーです。

食欲のない母でもお替りした
「ゴロゴロオサツの混ぜご飯」は
ゴロゴロに切ったさつまいもを軽く蒸してから素揚げして
お醤油にからめたのを炊きあがたご飯に混ぜます。
お弁当にもお勧めです。

「蓮根ハンバーグ」
オートミール、蓮根と人参をフードプロセッサーにかけて
玉ねぎとキノコも加えて丸めてソテーしたハンバーグ
食感もあってボリュームたっぷり
蓮根料理が楽しくなるメニューです。

「ヒジキと蓮根のサラダ」
この時期使いたい蓮根のバリエーションとして
梅酢を加えたお湯でゆでて食感を残したサラダを紹介してます。
ヒジキと蓮根は煮物じゃなくても美味しいです。
今回は四角豆が手に入りましたので
茹でて合わせて彩りよく仕上がりました。
ほんのり豆の味がして美味しかったでですよ~

「モウイとナスのスープ」
沖縄の瓜と言われる「モウイ」
味は冬瓜に似ているので柔らかく煮て
スープにすると味馴染みがよいのでおススメです。
揚げたナスと一緒にお醤油スープに仕上げました。

今回は秋の食事について考えましょうということで
秋のお助け食材を紹介しました。

実際の体験談なども聞けるのが
お料理教室の楽しいところ
鼻と乳製品の関係性には驚きでした。

ところで
10月のお料理教室のメニューを
9月の通信に間違って載せてしまいました。

年間スケジュール通りです。
黒米入り玄米ご飯
酢麸多
カボチャのスコーン
黒ゴマ汁粉

ハロウィーンっぽいメニューです

日曜日はお休みいただいて
16日の月曜日クラスのみの開催です

10月は、ミレットのお料理教室終了後
堤晃子先生のクッキー講座&お茶会も予定してます。

美味しいクッキーを作って食べる!
お楽しみのスィーツクッキングです。



Img_b580f0fb0728ffd0ba95baec4b79d088
高野豆腐とネギの串カツ
串カツって爪楊枝カツかい?って
突っ込みが入りそうですが・・・

いえいえ、立派な串カツです

下味を付けた高野豆腐とネギを
交互に楊枝に挟むだけなのに
盛り上がるんです~

小麦粉と水溶き小麦粉、パン粉をまぶして
油で揚げて
ワクワクするほどボリューミーな
串カツになります

きゅうりとたくあんの千切りを和えて
揚げ物に添えました

8月のお料理教室の日程が変更になりまして
本日開催

普段使いのメニューをご紹介しております
Img_9292cef7cbbf2a9205964004b565021d
Img_1480493073057331da7cd7ad7eaf3a65
ご飯をしっかり食べて
ブレない体づくりをしましょうっということで

食欲がわきそうなご飯

自分好みのご飯ですが、
五分搗きご飯を玄米に変更

圧力鍋の蓋を最初ちょっとずらして沸騰させて
蓋をしっかり閉めて
ちょっと短い時間で炊き上げる

軽いご飯に仕上げてみました

ゆかり、シソの葉、枝豆、白ごまを混ぜた
通称「蛍ご飯」

彩りもきれいで
これさえあればおかずはなくても大丈夫!
Img_d67484233b90c8968f21f157649c34ec
Img_c5edc39eee5906d0fae67f7610bc3a48
持て余してないかしらと
ピーマンとナスの味噌炒めを作りました

油を極力少なくして炒め
味噌でこっくりと味付け

食がすすみますな~

デザート替わりに
小豆カボチャ

大事な食養のメニューですが
米飴で甘く仕上げてみました

「甘くない」と敬遠されるより
甘く仕上げて
登場回数を増やしましょう

モロヘイヤが茹でてあったので
ワカメとお醤油汁に仕立てました

Img_52e28076abd0344488606a2a0f0817fc
クッキーの差し入れ
参加者のアキちゃんから
クッキーの差し入れ

甘いものは・・・のレクチャーの後でも
後ろめたくなくいただけるクッキー

「おいし~」の歓声

で、リクエストにお応えして
10月16日(月)
いつものお教室が終わって
2時くらいから
クッキークラスをしてくださることになりました~

お楽しみができて
みなさんうれしそうでしたよ~

なんだか
ほんとにほんとに
大切なお料理教室になってきました

毎回緊張するんですけど
終わってみると
ホッとするし
それぞれの奇跡の出会いの場でもあったり
私自身が癒されたり

温かい人たちに出会えて
幸せでございます・・・よ

Img_72ac4fed42d25914bb01869e021b938b
昨日のお料理教室の
メニューがお気に召したようで

本日のユウスケさんのお弁当のリクエストは
高野豆腐の串カツと
枝豆とゆかりまぶしのご飯
Img_b6e5eb73f7e76d728197a67178445e41
Img_d21d35d22f3eab3943684083a693e444
お友達になった南インド出身の方から
教わったカレースープのレシピ

我が家のカレーは
カレールーを使うより
もはやこっちのカレーの出番が多い

粉類を使わないので簡単
しかも美味しいのです。

インドの方は詳しくスパイスを教えて
くださったのですが
オーサワのカレー粉で間に合わせるという
大胆ですが簡単レシピにアレンジさせていただいております。

鍋で夏野菜を炒め
水を加えて赤レンズ豆とカレー粉を投入して
15~20分でで出来上がり

さて、7月のお料理教室
常連さんに加えて
始めてご参加の方2名
10年ぶりのミレットクッキングの参加の方と
緊張の中にも和やかな雰囲気で始まりました

圧力鍋で炊いた玄米に大麦を加えて
時間を短くしてさっぱりとした炊きあがりをまざします

夏はもっちり玄米より
食べやすいと思います

スープカレーにも合います

他には夏野菜の寒天寄せ
きゅうり、枝豆、コーン、トマト、インゲンを
野菜ブイヨンと寒天粉を溶かしたスープに
閉じ込めてクリアな涼し気なサラダが完成

スムージーは
甘酒と豆乳、リンゴジュース
ヨモギ粉を加えて夏を乗り切る飲み物に仕上げました

「楽しかった~」の声が
私を元気にしてくれます。

また、一緒に楽しみましょう
Img_ae264f12597b90d0c610879c022bf2d4
Img_93f777b9fde00fe6ac21b5875d82e327
Img_b97bb76c76c29271bca6719f7c77a92d