Img_4aeebc64e0d2ac40598c8cb6dc235aad
イチゴのスノーボール
Img_6bd4c424f853c6bcc17a254e4ff1667e
生地を丸めておオーブンへ
Img_bdd525d53d96a6edf3b74be649060a6e
少しヒビが入るくらいがグッド
Img_49c2a725e45c0bff3e2d9b5f493581d1
抹茶味も美味しい♪
なんてかわいいスィーツなんでしょう!

でもって簡単!
もっともほとんどアキ先生が作ってくださいましたが・・・

2月のお料理教室の後は
お楽しみのアキ先生のスィーツ講座

今回はイチゴのパウダーをまぶした
スノーボール

ほんのりピンクで
ひな祭りにピッタリな感じです

生地を合わせて丸めて焼いて
粉をまぶして出来上がり!

Img_be14be06b60e85990109d9cd041e583d
おまけのイチゴパフェ
おまけなんて言っていられないくらい
ゴージャスです!

イチゴだけを煮詰めたイチゴジャム
本当に何にも添加していない純正のおイチゴジャム!
イチゴのジャムってこんなにおいしかったんですね~

美味しい豆乳のカスタード風クリームが完成しました!
っと、お披露目

豆乳の独特の匂いを感じない
本当のカスタードのように生臭くもない美味しいクリーム

たっぷりイチゴを使ってパフェに仕上げてくださいました。

で、次回のスィーツ講座は
4月16日開催予定ですが

このクリームを作って
なにかスィーツを考えてくださるそうです

ご一緒にいかがですか?

Img_4f28f6d3029275edf058d80000f234d6
Img_8088f36c003d72f5f2edcf791cc622e8
月刊ぷらざ 3月号の撮影

3月といえば「ひな祭り」のイメージで
甘酒を使おうと思いましたが

はて、なんで甘酒なんだ?と
知らないことに気が付きました

そもそも「桃の節句」って
旧暦の桃の咲くころの話でしたね

桃には厄払いや魔除けの力があると
考えられていたのだそうで

平安時代には桃の節句に
中国から運ばれてきた「桃香酒」という
清酒に桃の花びらを刻んで
浮かべたものを飲む習慣あったのだそうです

女の子の節句として親しまれるようになって
甘酒を飲むようになったのだそうでです

いつの世も子供の無事な成長を願う思いは
変わりませんね

で、どうしてもピンクの甘酒にしたかったので
イチゴと組み合わせてみました。

玄米甘酒と豆乳を合わせて
好みの甘さに調整して
葛粉を溶いて混ぜて火にかけ
とろみつけしてクリームに仕上げます

リンゴジュースと刻んだイチゴで
赤いソースを作って

コーンフレークと
甘酒クリームとイチゴソースと
重ねてパフェにしてみました。

濃厚な甘さと
イチゴのスッキリ感が
美味しいデザートになりました。

本当の甘酒を使うのがポイントですぞ!





Img_114c3f6c2bbd00244ea56ab463617d0c
2月号の月刊ぷらざさんの撮影

バレンタインチョコケーキをイメージ

煮た小豆に米飴と黒練りごまを混ぜて
型に詰めます

ココアと豆乳、甘味、葛を温めて練り上げ、
小豆の上から流しいれて固まるのを待ちます

胡麻風味の小豆とプルンプルンの葛チョコが
楽しいコラボの
ケーキに仕上がりました

Img_4657d25b5d985fdc553d9407344a4362
10月号のぷらざさんのおやつレシピです

ハロウィン風に
カボチャのマフィンにしました。

カボチャもたっぷり入って
どっしりしたマフィンです

カボチャのペーストと黒豆で
オレンジとブラックのコントラストが
ハロウィン風です

お楽しみくださいな
Img_52b4effdf169158e8e09f50582a7bd71
最近話題のレンズ豆なので
8月の「ぷらざ」さんのおやつレシピも
レンズ豆を使ったスィーツにしました。

レンズマメをリンゴジュースとレーズンで
甘く煮あげてみました。
甘酸っぱくておいしいのですが
今回は豆乳の簡単クリームを添えました

豆乳とメープルシロップとレモン汁を
ミルクフロッサーで泡立てるだけの
簡単クリームですが

添えるとまろやかになって
どちらも美味しくなります。

クコ実やミントを飾って
さわやかに召し上がれ

食欲がなくて水物のおやつが多くなりがちですが
おやつで栄養補給ができるなら
お子さんも歓迎してくれると思いますよ~